この青空にあくびループ

イランカラㇷ゚テ!

エズパスのルーツを追え!【徹底解明】

※適当記事なので、指摘は受け付けません。

 

近年、巷で人気沸騰中だと話題のエズパス。だが、その正体は未だ謎に包まれている。今回はその名前の由来を明らかにすべく、我々はアイヌ発祥の地、北海道へ向かった。

 

f:id:kinoP_oke:20160909230040p:image

 

アイヌ語を調べていくと、エ、パ、スについては、すぐに意味を特定でき、謎の解明は時間の問題だと思われた。

 

しかし、ここで一つの問題が発生する。「ズ」にあたるアイヌ語が見つからない。そもそもアイヌ語には、“z”を使って発音する単語はないことも分かった。調査は完全に行き詰まってしまったのだ。

 

 そこで、我々は一つの仮定を打ち出した。それは、言葉が伝えられる過程で訛りが加わることによって、「ズ」という発音に変化した、というものだ。

いつからアイヌとの交流が始まったかは定かではないが、江戸時代には交易が盛んに行われていたことを考えると、十分にあり得る話だろう。

 

我々は、ズーズー弁と呼ばれる東北地方の方言に注目した。ズーズー弁では、シ、ジ、ス、ズなど区別がなく、近い発音になるとされている。つまり、シやスの音が訛ってズに変化したのだろうと考えられる。

 

これを基に、意味の通るように考えると、以下のようになる。

 

 

エズパスは、アイヌで誕生するも、元の発音は、エシパスであった。

意味は、「君は本当の鍋を見つける!」

・エ=君、お前

・シ=本当の

・パ=〜を見つける

・ス=鍋

と、捉えられる。

そして、恐らく日本に伝わる過程でズーズー弁を経由し、現在の「エズパス」の発音になったと思われる。

 

 まさか僕自身も、エズパスの由来がアイヌだとは思いませんでした。世の中驚くことはたくさんあります。皆さんもアイヌァー力を高めていきましょう。

 

以上です。

ここまで読んでいただいてイヤイライケレ〜